ホーム » 2020 » 8月 (ページ 2)

月別アーカイブ: 8月 2020

投資ビジネスでは、利用する証券会社や銀行の違いを理解することが必要

投資を実行に移す際には、証券会社や銀行を利用します。 証券会社は投資商品を取引することに利用し、銀行は貯蓄として使うことが一般的です。 しかし、投資信託や一部債権を扱っている銀行もあるため、証券会社とどちらを利用すればいいか迷うケースもあるでしょう。 銀行口座はほとんどの人が持っています。 その流れで、銀行を利用して投資信託を購入するケースがあります。 但し、投資を本格的なビジネスとして位置付けるのであれば、必ず証券会社に口座開設することが大切です。 なぜなら、証券会社は扱っている投資商品の幅が広く、銘柄の数が非常に多いからです。 投資家は様々な商品の中から選ぶことができるため、証券会社を利用する方が本格的な投資ができます。 銀行の場合は、預金で利用している人が圧倒的に多いです。 預金には利子がつきますが、日本の場合は金利が低いため、一般的なユーザーはあまり利息の期待ができません。 また、銀行では投資商品の種類が限定されています。 証券会社であれば、株式はもちろんのこと、債券、投資信託、ETFなど各種商品の販売があります。 投資において、リスクを低下させ、安定したパフォーマンスを上げるためには分散投資が重要です。 各種の商品に分散投資を行う場合に、商品銘柄の多い証券会社は便利に利用できます。 サービス面においても、ネット証券を利用すれば手数料を低く抑えることもできます。 銀行は預金者からお金を集めて、それを企業に貸し出すことで利子を得るビジネスです。 得た利益は、預金者に利子として還元します。 一方、証券会社は、投資家と企業を結びつけるマッチングを行うサービスです。 売買に関して手数料を取ることでビジネスが成立しています。 銀行も証券会社も同じ金融機関ですが、ビジネスモデルが異なっているため、利用する場合には特徴を改めて確認しておくことも大切です。 そこまで幅広い商品を選ぶ必要はなく、決まった投資信託を購入するような場合であれば、従来から利用している銀行で投資商品を購入するのは便利です。 すでにその銀行に預金があるため、改めてお金を振り込む必要はなく、すぐに商品の購入が可能です。 但し、銀行とのグループ系のネット証券では、銀行に預金があれば、ネット証券の口座に資金を入れていなくても、すぐに商品の購入が可能になるサービスを用意している場合もあります。 いずれにしても、投資を行う際はネットを利用する方が格段に便利で、しかも手数料も安く抑えることが可能です。 長期的な投資を行う場合は、特に証券会社や銀行とは長く付き合う可能性があるため、じっくり検討して最適な業者を選ぶことが大切です。